日本性分化疾患患者家族会連絡会

ネクスDSDジャパン 

Contents

  • Twitter Clean

YouTube

Twitter

ネクスDSDジャパン DSD(性分化疾患)を持つ子どもと家族のための総合情報サイト

About nexdsd JAPAN

 

日本性分化疾患患者家族会連絡会:ネクスDSDジャパンは、世界のDSDs患者家族会・サポートグループと連携し、主にDSDを持つお子さんとご家族のための医療ケア、子育ての疑問などについて、世界中のサポートグループからの情報を発信し,日本の性分化疾患各種患者家族会との連携をしています。

© 2013-2019 by nexdsd JAPAN. All rights reserved.

オランダの文部科学省に当たる教育文化科学省の解放政策局の要請により、政策研究機関である社会文化計画局が作成した、世界ではじめての国家機関による、DSDs(体の性の様々な発達:性分化疾患)を持つ人々の実態調査書を日本語に翻訳しました!

 

探索的調査としながらも、DSDsを持つ人々への綿密なインタビューや、世界中の患者団体、多くの調査研究からの情報などを総合し、誤解や偏見・無理解の多いDSDsについて、極めて客観的で当事者中心となった報告書になっています。

 

近年日本でも、教育現場や地方・国レベルで、性的マイノリティの人々の一つとしてDSDsが取り上げられるようになっていますが、DSDについての知識が不十分なまま進められている現状があります。

 

性教育などでDSDsについて触れたり、地方・国レベルでDSDを持つ人々と家族についての政策を進言したいとお考えの皆様には、とても参考になる資料です。是非ご参照下さい。

オランダ社会文化計画局報告書

 「インターセックスの状態/性分化疾患と共に生きる」

言いにくさを乗り越えていくために、それについて話しましょう。

 言いにくさや困惑という感情に向かい合い、気持ちを表していくには、今の時点では時間をかけることが大切です。大抵そういうものです。ご自身が感じていらっしゃること、そしてなぜそう感じているのか、考えるようにしてみてください。お子さんの性分化疾患について、言いにくさや困惑を感じるからといって、悪い親だということにはなりません。

 

 でも、ずっと言いにくさや困惑を感じているだけでは何も始まりません。性分化疾患を持つ多くの人々やその親御さんからよくお聞きしたのは、言いにくさと困惑の状態のままでいると、子どもも皆さんも、大きなストレスと苦痛にさらされたままになるということです。ではどうすればいいのでしょう。こういう気持ちを今すぐ永遠に、魔法のように消し去ろうとは思わないでください。その代わりに、このハンドブックを読んで、今起こっていることを理解して、自分を責める必要がないこと、自分がひとりではないことを知っていただきたいと思います。そして、信頼できる人(お医者さんや家族、友達、サポートグループ)とコミュニケーションをとるようにしてください。そうすれば、皆さんご自身やお子さんが、誠実な支援を受けていく力強い状況を作ることができるでしょう。愛情と誠実さを育み、信頼できる人と話し合うことができれば、今この人生で直面している状況に、皆さんとお子さんが立ち向かっていく助けになっていくはずです。

 

 少しずつこの状況を受け止めていく過程で、自分の子どもだけでなく、同じような状況にいる人を助けていくと、自分自身が本当に心強く感じる瞬間にお気づきになることもあると思います。これは多くの親御さんも感じてこられたことです。ある時には、ふと自分が心細くなっていることにお気づきになることもあるでしょう。こういう心強さと心細さを繰り返し経験していくのは当然のことです。性分化疾患を持つ子どもの親であるということは、そういうことでもあり、それは十分理解できることですし、あたりまえのことでもあるのです。

 

 時間はかかったけど、いつの間にか自分の状況が受け止められて、対処できるようになっていった。性分化疾患を持つ子どもの、本当に多くの親御さんが私たちにそうおっしゃってきました。この子と人生を共に歩むことで、少し特別な愛情と喜びを見つけることができた、と。と言っても、何も一日で、こういうふうになるわけではありません。それは他の親御さんも同じことです。子どもを持つことで起きる気持ちに、単純な解決法はありません。それは、性分化疾患を持つ子どもを持つ場合でも同じなのです。ここではとにかく、イライラしたり混乱したり悲しくなったり怒りがわいてきたりする日々があるのと同じように、大きな喜びと平穏で素晴らしい日々もあるのだということを、知っておいていただきたいと思います。

受け止めていくのには

時間がかかるものです。

自分自身を支えることが、

お子さんを支えることになります。