HOMEライフストーリーズ>「正しい性別を選ぶ」

「正しい性別を選ぶ」

Choosing the right gender

トニー

PAIS(部分型アンドロゲン不応症)

 

 

 

トニーは困難を抱えた子ども時代を送ったが、彼はそれをはね返すほどの柔軟性を持った現実主義者で、素晴らしいユーモアのセンスにもあふれている。

(リリー・ブラッジ記者)
 

 部分型アンドロゲン不応症(PAIS)にも様々な表現型があり、現在ではしっかりとした厳密な検査を行い、男性か女性かが判定されているのですが、トニーさんが生きていた時代、欧米やオーストラリアでは、現在のような検査技術もなく、あるいは検査も行われず、行われたとしても、ペニスの長さだけで性別を振り分け、女児として育てる場合は、本人に知らせることもなく、ペニスと精巣を切除し女性ホルモンを打ち、手術で膣を作るという「治療」が行われていました。

 

 トニーさんはまさしく、そういう「治療」が本人の意志とは関係なく行われた人です。同じPAISを持っているジムさんのライフストーリーとはまた異なり、辛い人生を歩まれていますが、トニーさんはそういう困難の中から、大切なことを学んでいかれます。

 

※PAIS(部分型アンドロゲン不応症)を持つ人は、そのパターン・ケースによって、男性の方もいらっしゃいますし、女性の方もいらっしゃいます。

僕が女の子だってはっきりちゃんと受け入れられるようにって、僕の両親は、僕をそう育てることを絶対疑っちゃダメだって言われたんだ。

 トニーは困難を抱えた子ども時代を送ったが、彼はそれをはね返すほどの柔軟性を持った現実主義者で、素晴らしいユーモアのセンスにもあふれている。(リリー・ブラッジ記者)

 トニーは1970年アルトナ病院で生まれた。しかし医師たちは彼の性別を確定できなかった。双子のもうひとりの妹キャサリンは自信を持って女の子だと告げられたが、トニーには多くの疑問が挟まれた。

 さらなる検査のために王立こども病院に送られ、トニーは不完全型睾丸性女性化症(現在では部分型アンドロゲン不応症と呼ばれる)という稀なインターセックスの状態を持って生まれたことが判明した。

 トニーは染色体的には男性であることが判明したが、医師たちは彼を女性として育てた方がいいと判断した。彼の両親には、彼は女の子であり、それに従って育てるよう勧めた。彼らの息子には精巣があるとは言われず、性腺(医学的に卵巣もしくは精巣に分化する以前の状態)があるだけだと告げられたのだ。

 マルタからの移民で限られた英語しか理解できなかったトニーの両親は、診断方針に疑問を挟むことなく、「アントワネット」には女性の生殖器官がなく、決して子どもは産めず、何度も手術と生涯に渡る女性ホルモン補充が必要ということを受け入れるしかなかった。

 「僕が女の子だってはっきりちゃんと受け入れられるようにって、僕の両親は、僕をそう育てることを絶対疑っちゃダメだって言われたんだ。つまり、部屋はピンクにして、クリスマスや誕生日には人形をたくさん与えて、フリルのドレスを着せて、2歳になったら耳にピアスの穴をあける、っていうふうにね」。そういう彼への教育が邪魔されないようにと、トニーの子ども時代は夏休みを王立こども病院で過ごすために何度も中断させられた。

友達はたくさんいた。けれど、学校でのダンスなんかには絶対参加しなかった。勉強と音楽ばっかりやってた。

 彼が7歳になる頃、ペニスが成長し始めた。精巣は癌になっているから切除することになるので、結果的にはこれ以上男性化することはないと、医師たちは彼の両親に誤って知らせたと言う。

 現在、約5,000人のオーストラリア人が他の人とは少し違う形の外性器を持っていると診断されている。アンドロゲン不応症は133,000人に1人の割合だ。

 

 

 

自分の存在を探す旅の物語

Please reload

DSDを持つ男性の物語

Please reload

DSDを持つお子さんの家族の物語

Please reload

AISやスワイヤー症候群を持つ

女の子と女性の物語