HOMEライフストーリーズ>現代の奇人変人ショー

現代の奇人変人ショー

The Modern Minstrels Show

DSD(性分化疾患)を持つ男性

ジムさん

(インターセックスの体の状態で生まれた男性)

 

 

インターセックスの体の状態を持つ「現実の人々」は、誰かのマンガの男女の境界的存在のようなイメージでも、板挟みの天使でも、見世物でも空想の産物でもこの世の悲劇でもないし、「男でも女でもない性の理想」に耽溺されるために生きているのでもない。

現在欧米では、DSDs(様々な体の性の発達:インターセックスの体の状態)を持つ人びとが、自分自身の顔を公表し、自分自身の物語・声を発信されています。

 

もちろん、誰でも自分の顔を公表するべきだ、話をするべきだということになってはいけません。ですが、ではなぜ、欧米のDSDsを持つ人びとや家族の皆さんは積極的に自分自身の実際の顔と話を公表するようになってるのでしょう?

 

実はそこには複雑な事情があります。

このポートレイトは、インターセックスの体の状態を持つ男性、ジムさんが、インターセックスの体の状態についてのエッセイとともに、LGBTQ系のネットメディアに載せてもらうようにと送った、ジムさん自身と、同じDSDsのひとつであるCAIS(完全型アンドロゲン不応症)を持つ女性イーデンさんの写真です。(仲の良いただの男性と女性です)。

 

ですが、このふたりの「現実の人」のポートレイトは、そのサイトでは使われることがありませんでした。一体何が起きたのでしょう?

性分化疾患を持つ男性と女性

DSDs(インターセックスの体の状態)を持つ人びとへのステレオタイプなイメージ・物語は、一見政治的な正しさを装いながらも、実は現代でも19世紀の大昔と全く変わらないことを、ジムさんの体験は示しています。悪いのは当事者ではありません。いつも自分が見たいものだけを見る「観客」の問題なのです。

(ジムさんやイーデンさんのような、欧米のDSDsを持つ活動家の人々が、なぜ「Disorders of sex development」という用語を使わず、「インターセックス」という用語を使っているのか?これにはいくつかの理由がありますが、ひとつは、本人の同意のない手術の禁止を求めるため(女性か男性かの性別判定の禁止ではありません)なのですが,さらには,DSDsという用語を使うと、欧米のLGBTQ等性的マイノリティのみなさんが一切耳を傾けてくれないからという理由もあります。日本では考えられないような話ですが、それぞれの国の事情というものもあるのです)。

Eric Rofesの『私は自ら死を選んだ人々を想う:レズビアン・ゲイと自殺』を読んだのは、まだ大学に入ったばかりの頃だった。本のタイトルはジョージ王5世(第一次世界大戦前のイギリスの王)が、友人に同性愛者がいると話した後に言った言葉から取られている。

 

当時、1994年と言えば、クィア(訳者注:欧米でのLGBT等性的マイノリティの人々を指す用語)の人々はまだ周縁の存在だった。その時僕は17歳。同じような話をいくつか耳にはしていた。

それから20年。レズビアンやゲイの人々が、マスコミや映画、文学の世界で、正確な自分自身のポートレイトを示すことで不可視化を拒否し、それによって自分たち自身の姿の可視化と解放運動の機会をもたらしたことは、皆が知ってるところだろう。

自分の存在を探す旅の物語

Please reload

DSDを持つ男性の物語

Please reload

DSDを持つお子さんの家族の物語

Please reload

AISやスワイヤー症候群を持つ

女の子と女性の物語