HOMEライフストーリーズ>ええ、もちろん。私は赤ちゃんの性別が知りたいです。

ええ、もちろん。私は赤ちゃんの性別が知りたいです。

 

― 性別判定という短い、けれども永遠の旅 ―

 

Yes, of course. I would like to know the sex of my baby. ― a short, but eternal, journey of sex assignment

DSDを持って生まれた

赤ちゃんのお母さん

 

中には、このような私の想いを疑問に思う人がいたり、性別に関係のないアイデンティティついて論じたり、人を愛するのに性別なんて関係ないじゃないかとおっしゃる方もいらっしゃることは承知しています。でも私は言っておきたい。私にとってはそんな話じゃなかった。性別はとても重大なことなのだということが、私の胸を本当に貫いたのです。

 何らかの障害や、他の人とは少し違う体を持って生まれたお子さんのご両親、特にお母様は、ショックに始まり、大きな不安、怒り、悲しみ、申し訳なさ、自信の無さ、寄る辺なさ、疑惑、懇願など、様々な気持ちを抱かれると思います。そして同時に、そう思う自分に対して、お子さんへの罪悪感を感じられる方もいらっしゃるでしょう。このような感情はとても苦しいもので、簡単にことばで言い表すことができるものではないと思います。その感情の強さは、時に、お子さんを亡くしてしまったというほどの強さにもなりえます。

 強調しておきたいのですが、ご両親がこのような感情を持たれるからと言って、だから悪い親だということには決してなりません。障害などを持って生まれた子どもの親御さんは、たいていの場合、このようなネガティブな感情を持たれるものです。そして、そういう感情の砂嵐の中をじっとくぐり抜けることで、むしろお子さんとの絆を深くしていくことも可能になるのです。そしてそのためには、どのような思いであれ、ご両親のお気持ちをしっかりと受け止めてくれる人が必要になります。

 ここでは、そのような親御さんのおひとりの体験談をご紹介します。待望の赤ちゃんの誕生から、性別がすぐには確定できないことが判明し、その後状態が判明するまでのたった4日間、でも、とてもとても長い4日間の体験と、その時の想いを、そのままに、ありのままに、赤裸々につづっていらっしゃいます。

 様々な方が、このサイトをご覧頂いていると思います。DSDを持って生まれたお子さんのご両親、現に大人になった方、医療に関わる皆さん、何らかの支援ができないかとお考えの皆さん、様々なお立場の方がいらっしゃると思います。それぞれに様々な思いを抱かれることかもしれません。私たちが大事だと思うのは、とにかく、そのままの想いを、そのままに、ありのままに、受け止めていくことだと思っています。

 DSDを持って生まれたお子さんを持つご両親の中には、まだ体験が生々しいままになっている方もいらっしゃると思います。自分自身で振り返りができるとお考えであれば、目を通していただければと思います。

でも彼女は私に決定的なことを説明したのです。性別を「確定」する必要があると。

 2008年。私はちっちゃな赤ちゃんを授かりました。けれどもこの子の世界との出会いには、性別に緊急のクエスチョンマークが付けられたのです。お医者さんが赤ちゃんを私に手渡して、性別を知りたいですか?と私に訊いた時、私は興奮して叫びました。「男の子です!」。でも麻酔医さんは少し焦ったように、もっとよく見てくださいと言ってきます。私は笑って「だっておちんちんもあります。男の子じゃないですか」と答えましたが、小児科医さんは「そうですね…」と言うだけでした。赤ちゃんは私の胸でゆったりしていました。しばらく後(赤ちゃんの姿をしっかり見て、落ち着いて話をした後)、同じ小児科医さんが私に事の説明をしようとしましたが、私は理解するにはとても疲れていて、その意味を知るにはまだ何も分かっていない状態でした。「性別がはっきりしないってどういうことですか!?。かわいい男の子じゃないですか!なに馬鹿なことを言ってるんですか!?」。私は彼を追い立て、彼は言葉につまり、少し困惑していました。彼は何が起きているのか必死で説明しようとしているだけでしたが、私が毛布をギュッと握って、何が起きているか受け入れるのを拒んでいるのを彼は考慮して、その日はあきらめて去って行きました。

 

 保育器の中での集中的なケアに暮れ、夜が開けた次の朝、女性のお医者さんが私を小さな部屋に通し、私に椅子を勧め、赤ちゃんは別の部位から排尿をしてると説明しました。彼女の説明の間、私は座って「ああ…、ええ。はい…」と生返事をして、彼女が伝えようとしていることにまだ気がつかないようにしていました。でも彼女は私に決定的なことを説明したのです。性別を「確定」する必要があると。彼女は私にもう一度言いました。「可能性、わずかな可能性ですが、お子さんは男の子ではないかもしれません」。内性器の画像を取る必要があり、他にもいくつか検査をして性別を確定しなければならない。「最終的な」確定には、性染色体の検査も必要だろう。もし検査の結果が46XY なら、子どもは遺伝子的には男の子ということになる。もし46XXなら遺伝子的に女の子。XYとXX染色体の両方ともがあるように「染色体が混在している」ということもありうる。彼女は念を押しました。現在では一般的に、染色体が混在していても、男の子か女の子どちらかの遺伝子が優勢になっているものなので、子どもの人生にはそれほど大きな影響はないだろうが、ごくわずかな可能性として、性別の本当の区別がつかないという結果もありうる、と。

 

 「ですので…、この段階ではお子さんの名前は少し待つことをお勧めします。出生届もこの段階ではまだ出さないようにしてください」。この言葉は、一枚10トンの鉄でできた手紙を渡されるように、私を打ちのめしました。私はただただ打ちひしがれ、完全に心砕かれました。それでもまだ私は、彼女が何を言ってるかはっきり分かりませんでした。否認することも、過度にポジティヴになったり過度にネガティヴになったりすることも、不用意なユーモアにすることも、そんな私が普段使っている心守る手段がすべて消滅し、私は現実から完全に引き離され、非常に奇妙で理解しがたい世界に放り込まれてしましました。私は涙の洪水に押し流されました。お医者さんの説明を無視することも否認することももうできなくなり、子どもに起こっていることを理解せねばならなくなったのです。

恥ずかしかったとか、そんなことじゃありません。全然違います。

DSDを持つお子さんの家族の物語

Please reload

AISやスワイヤー症候群を持つ

女の子と女性の物語

Please reload

MRKHを持つ女性のライフストーリー