HOMEライフストーリーズ>アメリカ初の子宮移植ニュース

アメリカ初の子宮移植ニュース

First Uterus Transplant in US Gives Hope to Women With Rare Condition

アメリカ初の子宮移植ニュース

ジャクリーンさん

クリスティンさん

 MRKH(ロキタンスキー症候群)

 

 

私の生まれたありようを受け止めるところに来るまで、苦闘し続けました。多くの想いを乗り越えてきました」

(アメリカABCニュース)

スウェーデンでの世界初の、MRKHを持つ女性への子宮移植による男の子の誕生以来、各国でMRKHを持つ女性への子宮移植が始まっています。

 

このニュースは世界中のMRKHを持つ女性のみなさんにとっての大ニュースになっています。

 

ですが、これまでこのような女性たちが歩んできた道のりも忘れてはならないでしょう。

 

ここでは、アメリカ初の子宮移植のニュースを伝えるABCニュースの記事をご紹介しましょう。

 

ネクスDSDジャパンでもお馴染みのジャクリーンさんクリスティンさんがインタヴューに答えています。

 

稀な体の状態故に子どもを産み育てるという希望が叶わなかった女性たちにとって、合衆国で初の子宮移植のニュースは、新たな希望を与えている。自分自身の子どもを授かれるかもしれないのだ。

 

施術はこの水曜日、クリーブランドクリニックの研究の一環として行われた。研究者と医師たちは、子宮が要因の不妊状態にある女性たちを対象にすることとした。子宮摘出を受けた女性や、子宮筋腫や子宮瘢痕化の状態にある女性もだが、この移植は、ロキタンスキー症候群(MRKH)と呼ばれる稀な体の状態を持つ女性たちのグループにも、新たな希望を与えた。

 

国立衛生研究所によれば、MRKHとは、生殖器官に影響する障害で、生まれながらに膣と子宮が未発達もしくは無い状態だ。数にして女性4,500人に1人にのぼる。

 

MRKHを持つ女性たちは、卵巣は機能しているため、体外受精(IVF)や代理母という手段で、子どもを授かる可能性はある。

 

産科医・婦人科医でありクリーブランドクリニックの女性健康研究所の主任である、トンマーゾ・ファルコーネ医師は、昨年の声明で述べている。「子宮の要因による不妊状態(UFI)にある女性たちの選択肢は限られていました。養子縁組や代理母も、子どもの親になる機会を与えてくれますが、どちらも複雑な手続きを必要とし、個人的な考えや、文化的・法的理由から受け入れられない場合もありました」。

新しく診断される女の子たちに、このニュースは希望を与えてくれる。

ジャクリーン・ミッシュ(27)は、16歳の時にMRKHと診断された。最初は恐怖に震えたが、この11年間の中で、子どもを授かるには、養子縁組かIVFが必要になると受け止めてきたと、彼女は語る。子宮移植のニュースはMRKHを持つ女性たち、特に新たに診断された10代の女の子たちに興奮して受け止められていると。

 

「昨日の夜記事を読んで、夫に言ったんです。「これってスゴイことよ!」って。新しく診断される女の子たちにとって、このニュースは希望を与えてくれるんですから」

女性の性分化疾患の一つMRKHを持つ女性

ミッシュは元ミス・ミシガンで、ビューティフル・ユー・MRKHファウンデーションのスポークスマン。彼女は、自分自身も興奮したが、同時に複雑な思いにもなったと語る。診断から11年。彼女と夫は、自分たちの家族を築くために、近くIVFを始める予定だ。彼女は言う。「合衆国で初の子宮移植が計画されていると初めて聞いた時は、泣いてしまいました」。

 

「母と話したんです。複雑な思いでした。今の時代なら、妊娠をできたかもしれなかった。自分のお腹が大きなところって、診断以来一度も想像できなかったから」。

MRKHを持つ女性のライフストーリー

Please reload

AISやスワイヤー症候群を持つ

女の子と女性の物語

Please reload

DSDを持つお子さんの家族の物語