「産婦人科の実際」に,「DSDsの新しい基礎知識と性教育」を掲載いただきました。

 光栄なことにお声掛けを頂き,歴史の古い医療専門雑誌「産婦人科の実際」に,DSDsの新しい基礎知識と性教育」について掲載させていただきました。


 性教育のポイントもそうですが,「染色体がXYでもなぜ女性に生まれ育つことがあるのか?」など,最新の基礎知識についても書いています。


 医療従事者の方にはぜひご覧いただければと思います。




金原出版サイト

96 views

Recent Posts

See All

厚生労働省「NIPT等の出生前検査に関する専門委員会」に要望書を提出いたしました。

現在,厚生労働省の「NIPT等の出生前検査に関する専門委員会」にて,胎児の新型出生前検査(NIPT)認定施設に対して,NIPTでの基本方針の策定、国・関係学会・障害者団体・生命倫理専門家での協議体設置など、妊婦の皆さんが胎児の各種染色体異数についての正しい情報を受け取り、専門の遺伝カウンセリングを受けられるようにする体制づくりが検討されています。 これは,営利目的で実施する無認定施設が急増する中で