毎日新聞でターナー症候群の女性医師の声が紹介されました。

 毎日新聞でターナー症候群の女性医師の声が紹介されました。ネクスDSDジャパンからのコメントも掲載されています。



本格運用の着床前検査 「ターナー症候群」の女性医師が抱く不安

 流産を繰り返した場合などに限り、不妊治療の一環として、体外受精させた受精卵の全染色体を調べる「着床前検査」の本格的な運用が4月に始まり、流産の回避が期待されている。一方、検査で染色体が通常でないことが分かったら、母胎に受精卵を戻さない選択肢も生じる。「自分の存在が消されるようで悲しい」。療育センターで脳性まひや交通事故による障害を持つ子どもたちをケアしている,ターナー症候群の女性医師,田中宏子さんは検査制度の先行きに不安を感じている。【岩崎歩記者】




詳しくはこちらのニューズレターをご覧ください。

閲覧数:12回