「現代ビジネスオンライン」にキャスター・セメンヤさんの記事を掲載いただきました。




 昨年は「多様性と包摂」「ジェンダー平等」をスローガンに,東京オリンピックが開催された年でした。

 LGBTQであることを公表した選手の出場は過去最多。そしてMtFトランスジェンダーの選手が史上初めて女子重量挙げに出場しました。

 ですが,南アフリカの女子陸上選手キャスター・セメンヤさんは東京五輪に出場できず,その他にも競技変更を余儀なくされたアフリカの女性選手たちがいます。

 世界陸連によるDSDsのアンドロゲン値が高い女性選手に対する出場規制は今も続いています。

 MtFトランスジェンダーの選手の競技参加条件と,DSDsの高アンドロゲン女性選手に対する出場規制はどのように違うのか?

 一般的な女性選手と男性選手,高アンドロゲン女性選手とのパフォーマンス差は実際はどれくらいなのか?

 DSDsの基礎知識も含め,現代ビジネスに記事を掲載いただきました。

 ぜひ皆さんにご覧いただき,広くシェアをいただけましたら幸いです。





35 views